Gadget Note - ガジェットノート

ネットで起きた出来事や最新ガジェット情報を伝えるニュースサイト。

カテゴリー: game (page 2 of 2)

【ポケモンGO】「ふしぎなはこ」の効果がアップ!

Nintendo Switchソフト『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』と連携して手に入る「ふしぎなはこ」の効果がアップしているようです。

僕は後2日で0日になるのでそれから確認できると思いますが、twitterでは出現率が倍ぐらいになっているとのコメントも上がっています。

たしかに以前は「30分で10体も捕れれば」って感じでしたので、アメはパイルのみを使って最大で70個ぐらいかと思います。

メルタン1匹でアメ7個をゲットできます。
・ゲット:+3
・パイルの実使用:*2
・博士に送る:+1

それで計算すると400個集めるのに「ふしぎなはこ」を6回開けないといけません。

再度「ふしぎなはこ」を使用するのに7日間の期間を空けてまたポケモンを送るらないといけないので、5週間かかる計算です。
ただしこれは最大でアメがゲット出来た場合なので、約2ヶ月はかかるかと思っておいたほうが良いかと思います。

これはあくまで計算上の数字です、僕が実際にプレイした感じでは、1回はこを開けて「メルタン7~8体」ぐらいが平均のようです。
これだと1回でアメはだいたい50~60個ぐらいなので、やっぱり2ヶ月ぐらいはかかるかと思います。

今回出現率が倍ぐらいになったのなら1ヶ月もあればアメ400個に到達しそうですね。
現在メルタンのアメが160個ぐらいなので残り240個で34匹ゲットできれば到達できます。

ということは、上手く行けば後2回開ければメルメタルに進化できる計算になりますね。何とか来週にはゲットできそうです。

【ポケモンGO】対戦機能トレーナーバトルはTL40トレーナーから開始!

既に発表されているポケモンGOの対戦機能(PvP)ですが、詳細情報も続々と公開されています。
そんな中「対戦の実装はTL40のトレーナーから開始」との案内が運営から発表がありました。

ちゃんと理由まで説明してもらっているのでトレーナーとしては、納得して待てますね♪

僕も対戦できるまでいろいろ準備はしていますよ。特に「CP1500までのポケモンを選べるスーパーリーグ」が楽しみです。

CPの上限を決めることで、今までの「CP至上主義」から「使えるポケモン」が大幅に増えると予想されています。
なので「個体値厳選」がそれほど意味をなさなくなって、「タイプと技」でポケモンを選択できるようになるようなのが嬉しいです。

それと「交換と違い離れたトレーナーとの対戦」が可能になります。
フレンドが少ないトレーナーには「チームリーダーとの対戦」も用意されていて、バトルを行って「シンオウのいし」や「ほしのすな」などの報酬ももらえるようです。

対戦に使うポケモンに「2つのスペシャルアタック(チャージ技)が使える」(トレーナーバトル)のもすごく楽しみです。
ポケモンによっては覚える技が多彩なのもいますし、タイプと違う技を覚えさせて「苦手タイプへの対応」と様々な戦略を自分なりに考える楽しみも加わっているみたいです。

本家ゲームのポケモンとは少し違ったバトルシステムですが、ポケモンGOのバトルも熱くなりそうで対戦できるようになるのが待ち遠しいです。

【ポケモンGO】期間限定レアポケモン「ツチニン」の捕り方

ポケモン関連記事が続きますが、原作に無い「新規の幻のポケモン『メルタン』」がピカブイ(ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ)の発売と連動し登場したり、ここ最近ポケGOがかなり熱くなっていますね。
シンオウ地方のポケモンが追加されて図鑑コンプリートに忙しくポケ活されている方も居られるかと思いますが、今の時期に必ずゲットしておきたいのが超レアなポケモン「ツチニン」です。

このポケモンですが、単に「野生の出現率が低い」「タマゴから孵化率が低い」だけのならそれほどレアではないのですが、入手方法がフィールドリサーチタスクをクリアするしか無いのが難易度が高い理由なんです。
つまり「ポケストップ」をひたすら回して「むしタイプのポケモンを5匹捕まえる」を出してクリアしてしかゲットできないんです。
しかも「むしタイプのポケモンを5匹捕まえる」は出現率が低めに設定されているようで、なかなか出てこないんです。

都会でポケストップが多数ある地域は分母が多い分、多少は出現し易くなっているかと思いますが、ポケストップがそれほど多くない地域でポケ活されている方は大変かと思います。
11月がむしがテーマのフィールドリサーチタスクなので「むしタイプのポケモンを5匹捕まえる」がありますが、これが終われば今後どうやって「ツチニン」を入手できるかは不明。

なので今必ず入手しておきたいポケモンの一つとしてゲットしておきましょう。
ちなみに「ぜんぜん強くない」のでバトルでの使用は無いかとおもいます、あくまで図鑑登録が目的です。
進化させると「テッカニン」(こちらも激弱)になるので、こちらも図鑑に登録しておきましょう。

タスクの期間は正式に運営からアナウンスは従来からありませんが、月替りで内容が変わっていますので、11月限定(むしタスク)になるとみて間違いないかと思います。
大発見リワード(フィールドリサーチタスクを7日分クリア)の「ヌケニン」も11月限定なので、この3種は図鑑登録しておいた方が絶対良いですよ。

本日発売!「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ」!

本日、ニンテンドースイッチ専用ソフト「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ」と「ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ」が発売になりました!
WEBでダウンロード版を予約していたら午前0時にはダウンロードしてプレイ出来ていたと思います。
パッケージ版の場合は、店舗に購入しに行かないと入手できないんですが、事前予約していれば問題なく入手できていると思います。

今回の「ピカブイ」はアクションRPGに位置づけられるゲームなんですが、みなさんご存知のように「ポケモンGO」との連携も大きな売りとなっています。
ポケGOトレーナーなら当然「モンスターボールPlus」も同時購入されている方も少なくないかと思いますが、このゲーム「モンスターボールPlus」を使う使わないでだいぶ感じが違ってくるんじゃないの? と個人的には思ってしまいます。
初代ポケットモンスターをプレイしてた世代としては、大人になった今でもこれはツボにはまります。

今回の「ピカブイ」はJoy-Conの代わりにこのボールを握ってプレイできるんです。そう「モンスターボールPlus」はコントローラなんです。
無くてもプレイできるんですが「モンスターボールPlus」を握ってプレイした方が数倍楽しいんです♪
まあ「ポケモン捕獲」がメインのゲームなのでシンプルな構造の「モンスターボールPlus」でも普通にプレイできちゃいます。
特に「捕獲時の投げる動作」で捕まえた時がけっこうテンション上がります(笑)

メーカーサイト:Nintendo
https://www.nintendo.co.jp/

商品詳細:
「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ」
「ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ」
https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_vee/
「モンスターボールPlus」
https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_vee/howtoplay/180713_03.html

『ピカブイ』は2人同時プレイできるので、子どもやパートナーとも一緒にプレイが可能です。
最近は「ポケGO」で親子で一緒にトレーナーの方も多くなってきているので『ピカブイ』をプレイするときは、子どもには「モンスターボールPlus」で投げさせてあげて、難しい場面では大人がプレイするなんて分担してゲームを進めて行くのも楽しいと思いますよ。
『ピカブイ』をしていない時は持ち出して「ポケGO」と連携させるとポケストップを自動で回す「オートスピン機能」が使えるのが、とても便利なんです。(「ポケモンGoプラス」は自動でディスクを回してくれません)
Bluetooth接続も安定していて充電式なのでボタン電池もいりません。「ポケモンGoプラス」から進化した「モンスターボールPlus」で快適に「ポケGo」ができるかと思います。

ここまで良い事しか書いていませんが、一つ難点を上げるとすれば「細かい取扱説明書が無い」ってことです。
「取扱上の注意と充電手順」などは有るんですが、「ボタン操作の詳細」や「消音モード切り替え」など基本的操作の説明がないんです。まさかの・・・・
普通にあるような説明書が入ってないんですよね。
まあこれから続々とレビューがネットに上がるかと思うので、それで検索すれば大抵のことは解るんですが・・・なんで操作の取説ないのかなぁ?

でもでも、そんな些細なことは何も問題ないくらい楽しいゲームだと思いますよ。
さてと僕もこんな記事(笑)書いてないで「ピカブイ」をプレイしてきます。
ちなみに僕は「イーブイ」の方をを購入しました。

では「Let’s Go! Play」「Let’s Go! イーブイ」!

Newer posts »