Nexus6のAndroid5.1アップデートなんですが、やはり動作パフォーマンスは向上しているそうです。Nexus用カスタムカーネル開発者でもあるFrancisco Francoさんが言及した内容によると、

1.CPUが「フルクアッドコアモード」で動作するようになった。
2.Qualcomm製ドライバの「スレッド移行ルーティングブースト」が無効になった。

この2点でCPUコアの負担が分散されるのと、CPUコア移行によるシステムのラグが無くなり(減り)結果として処理速度が上がることになっているようです。

僕も難しい事は解りませんが、元々のCPU性能を引き出せる処理のお陰で動作パフォーマンスが向上したんだと理解しました。

実際アップデートしてから体感的にスピードが上がったのは感じているので、この説明にも納得ですね。

Nexus6 ケース, Spigen® [パーフェクト-フィット] Nexus 6 Case シン ・フィット Google Nexus 6 (2014) (国内正規品) (クリスタル・クリア 【SGP11235】)
Nexus6 ケース, Spigen® [パーフェクト-フィット] Nexus 6 Case シン ・フィット Google Nexus 6 (2014) (国内正規品) (クリスタル・クリア 【SGP11235】)
Spigen
売り上げランキング : 7736

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ルートアール 新Nexus 7(2013)対応 qi互換 ワイヤレス充電パッド ブラック (ACアダプターレス) RA-WP01B
ルートアール 新Nexus 7(2013)対応 qi互換 ワイヤレス充電パッド ブラック (ACアダプターレス) RA-WP01B
ルートアール
売り上げランキング : 27642

Amazonで詳しく見る by G-Tools