ここ数年で「格安SIM」が急成長して、一気に認知が広まってきた感じがします。
僕も2017年8月がらUQモバイルをメイン回線として使っています。
UQモバイルはY-mobileと並んで「快適な通信速度」が特徴のMVNOです。

UQコミュニケーションズが提供するau系MVNOなので利用端末が少ないのですが、通信速度・安定性が他のMVNOより格段に快適なのがポイントです。
それとUQモバイルのメールはキャリアメールと同じ様な扱いになるのもポイントになります。

他の多くの格安simではgmailやyahooメールを使うことが多くそれらはPCメール扱いとなりますが、UQモバイルのメールはキャリアメールと同じ様な扱いなので送信したメールが迷惑メール扱いになる事がないのです。

それと「iPhoneでのテザリングに対応」なのもポイントです。
au系の格安SIMに乗り換えたい人がiPhoneでテザリングができない可能性があるのを心配される方も多いと思いますが、UQモバイルは「iPhoneでのテザリングに対応」しています。(auのiPhone、simフリーiPhoneのどちらも可能)
僕の契約内容ですが「ぴったりプランM」で端末購入でしました。
端末は当時人気の「HUAWEI P10 lite」です。
契約時は基本データ3GB(高速データ量)でしたが、「データ増量キャンペーン」なるものが始まり、プラス3GBが無料追加できるようになりました。

しかし、2018年12月1日から「基本データ増量」になるので、少し内容が変わってきます。

■基本データ量(2018年12月1日以降)

プランS→2GB
プランM→6GB
プランL→14GB

■各プランの月額料金(おしゃべりプラン、ぴったりプラン)
※増量オプション利用時:無料通話料も2倍にプランSは2,400円/60分、プランMは4,800円/120分、プランLは7,200円/180分
※増量オプションを利用しない場合は、プランSは1,200円/30分、プランMは2,400円/60分、プランLは3,600円/90分

1年目
プランS→1,980円
プランM→2,980円
プランL→4,980円

2年目
プランS→2,980円
プランM→3,980円
プランL→5,980円

3年目以降
プランS→3,480円
プランM→4,480円
プランL→6,480円

大手(ドコモ、AU、ソフトバンク)より安い料金で、通信速度も早目で安定しているので、その分他のMVNOより料金は少し高めですなんですが大手からの乗り換えでも、それほど不満もなく使用できるかとは思います。
通信速度(安定性)と料金は比例しているので、どの辺りで納得するかは人それぞれなので自分に合った内容で契約できるのが一番ですよね。

僕は今の所UQモバイルで満足しています。以前はソフトバンクで7,000円/月ぐらいの料金を支払っていたので・・・

通信速度(安定性)は気になりだすとかなりストレスに感じてしまうので、自分が納得する範囲に収まっているかは重要だと思います。
大手でもストレスフリーとは行きませんが、MVNOは全般的に大手よりも通信速度(安定性)は低下してしまうので割り切りは必要ですね。