Gadget Note - ガジェットノート

ネットで起きた出来事や最新ガジェット情報を伝えるニュースサイト。

Category: Google Nexus4 (page 1 of 3)

Nexus4 – Android4.3 → 日本版APNが初期設定に含まれている

Nexus4日本版が発売されて数日後に、Google PlayストアでNexus4の価格が改定されました。
8Gが199ドルと従来の価格から100ドルの値下げになります。
Nexus4日本版が5万円近い価格なのを考えると、まさに「処分価格」のようです。
ただ、日本版はFOMAプラスエリアを掴めるようなので、その分の価格差と考えられるのかもしれません。
「処分価格」になったNexus4-8Gを先月末に購入して、ドコモXiデータsimを挿したら
20130918000.jpg
APNの設定が既に入っていました。
昨年末に購入したNexus4-16Gの時は、自分で設定したと思います。
Android4.3になって初期設定されていようです。(ソフトバンクsimを挿すとソフトバンクのAPNが表示されるようです)
これはもしかしたらFOMAプラスエリアを掴めるのか。
日本版Nexus4はプラスエリアが掴めるのは既に確認されていますし、製造ロットによっては海外版Nexus4でもプラスエリアに対応しているものも有るとの報告も上がっています。
■端末概要
Nexus4 8G(android4.3、HW Ver.:VERSIONrev_11、ベースバンド:M9615A-CEFWMAZM-2.0.1700.84)、ポッチ付、背面シール付
昨年12月に購入したN4(16G)はプラスエリアはまったくダメだったので、言われているように製造ロットでハード的な変更がされている可能性が高いみたいです。
私の生活圏でプラスエリアの恩恵はほとんど無いので、また時間がある時にプラスエリアに行って確認してきたいと思います。

Nexus4 – 純正バンパーケース

Nexus4の純正バンパーケースが入手できました。

20130112-7-thumb-400x500-827.jpg
20130112-8-thumb-400x511-830.jpg

先日、米国アマゾンで購入したバンパーケースもなかなか良いと思っていましたが、製品の完成度が違います。
まずボタン部分ですがシルバー処理がされていて適度に凸がありほんの少し本体ボタンより凸が高いだけだと思いますが、それだけでかなり操作し易くなります。押したらカチッとした感触があります。

20130112-9-thumb-400x469-832.jpg
20130112-10-thumb-400x430-834.jpg

各端子部分の作りもしっかりしていて面取りもきちんとされています。フレーム部分はプラスチック製だと思いますが光沢を抑えてガンメタル風な整形色となっています。

20130112-2-thumb-400x533-836.jpg
20130112-3-thumb-400x515-838.jpg
20130112-4-thumb-400x393-840.jpg
20130112-5-thumb-400x351-842.jpg
20130112-6-thumb-400x376-844.jpg

ぴったりなフィット感はさすが純正ケースです。
先に購入したケースもフィット感が良かったのですが、それより全然いいです。装着してのサイズも一回りぐらい小さくなった感じです。
このケースを使用したら他から出るケースは使えなくなりそうです。

Nexus4 – docomoAPN設定

ドコモのXiデータプランでL-09C(モバイルWiFiルーター)を利用しているのですが、Nexus4で使えるように「ドコモminiUIMカード」にサイズ変更をしてきました。

20130106001-thumb-400x300-821.jpg

2012年12月1日から各種事務手数料の改定がされたのでSIMカードの発行に2,100円かかります。
手続きはすごく簡単で、ドコモショップに行って「SIMカード(UIMカード)のサイズを変更したい」と伝えれば順番がきたら手続きをしてもらえます。
現在ドコモでは標準サイズ・miniサイズ・nanoサイズ(iphone 5のサイズ)の3種類がありますのでどのサイズに変更したいか伝えます。
変更したい電話番号・本人確認などの数分でサイズの変更は終了しました。今まで使用していたカードはその時点で使用不可になります。

設定は帰宅してから行いました。今回はXiデータプランの契約なのでAPNはデータプラン用のものを設定する必要があります。
L-09CではOCNのアクセスポイントを利用していたのですが、月額使用料が最大6か月分無料のキャンペーンを行っているmoperaUのアクセスポイントに変更しました。

20130106000-thumb-400x300-823.jpg
20130106002-thumb-400x300-825.jpg

初回アクセス時に認証用のURLがメールで届くのでドコモのネットワーク暗証番号を入力すればアンテナピクトがブルーになってデータ通信が可能になりました。
Nexus4はLTEに未対応なので通信速度は遅いかなと思いましたが、アンテナピクトの横にHのマークが出ているので3Gの高速通信には対応してるようです。L-09CでXiエリア外(3G通信)の時より早いような感じがします。モバイルルーター経由でなくて直で通信する分速度が出ているのかもしれません。

Nexus4 – バンパーケース

Nexus4の純正バンパーケースですが、売り切れ中で在庫の復活がいつになるか分からない状況が続いています。
米国アマゾンで”poetic”というメーカーからNexus4用バンパーケースが販売されています。
日本へも発送してもらえるようなので注文してみました。

Poetic Borderline Bumper Case for Nexus 4

アマゾンのオーダートラッキングで12月27日に注文-29日に米国から出発で「到着予定:2013年1月22日」となっていたのですが、今日年賀状をポストに確認しにいくと届いていました。

20130102-001-thumb-400x300-811.jpg
20130102-002-thumb-400x300-813.jpg
20130102-003-thumb-400x300-815.jpg

商品説明より「熱可塑性ポリウレタン製、グレイマットの縁が付いている光沢のあるポリカーボネート仕上げ、エッジの周りに黒い枠は素晴らしいグリップを提供」とあり、縁が柔らかめの素材で本体をしっかりホールドします。
外観はマットなポリウレタン素材とグレアなポリカーボネートでカラーはポリカーボネート部分(ブルー、ブラック、グリーン、パープル、レッド、イエロー)とカラーバリエーションがあります。私はブラックをチョイスしました。

TPUのソフト素材のケースより固めの素材を使っているのでしっかりホールドされている感じはします。サイズはこの手のバンパーケースとしては薄目で装着してもサイズがそれほど大きくは感じません。

20130102-005-thumb-400x434-817.jpg
20130102-006-thumb-400x415-819.jpg

価格が安価なものですが、それほど安っぽい感じは受けないと思います。USB端子、イヤフォンジャック等も問題なく使用できるので純正バンパーを入手するまでのつなぎとしては十分な商品だと思います。ただし国内のアマゾンからは購入できないので「価格+日本への送料」が必要になるので少し価格が高目になるのがネックです。

Nexus4 – ワイヤレスパッド

無接点電源パッドQETM101 ECM750の使用レポートです。

Qi準拠のワイヤレス充電対応に対応しているNexus4用にパナソニックのQETM101 ECM750を購入しました。

20121222001-thumb-400x300-801.jpg

スマホ本体を電源パッドに置くだけで充電されます。

20121222002-thumb-400x300-803.jpg

「なんて便利なんだ!」ちょっとした感動です。(笑)
充電スッピードもUSBでPCと繋ぐよりかなり早い感じです。
パッドにNexus4を乗せるとメカニカルなウィーンと言う音がして内部のセンサー(?)みたいなのが対象に移動しているみたいです。青い円形のLEDが移動するのが見えてなんかSFチックな感じです。
充電は画像のような感じですぐに始まります、充電が終了したのは特にLEDが光ったり音が鳴ったりしないので分かりませんが満充電になると自動で給電は終了するようです。
複数の機器を乗せるのは可能なようですが充電は一つしか出来ないのでもう一方は待機という感じで一方が充電完了されると充電が開始されると説明書にありました。(試していないのでそのような動作をするかは未確認です)
もう一つ購入して職場でも使えたら便利だろうな。

Older posts