Gadget Note - ガジェットノート

ネットで起きた出来事や最新ガジェット情報を伝えるニュースサイト。

Category: agpps (page 1 of 2)

Gmailアプリ 5.1 がリリースされました。

Gmailアプリが5.1にアップデートされました。
でもまだアップデートが来ないので「APKファイル」をダウンロードしてアップデートしましたよ。

今回、新たに全てメールアカウントをメールを一括して閲覧できる「すべての受信トレイ」の機能が追加されました。

今までアカウントを切り替えないと受信トレイが参照できなかったのが、全てのアカウントを一覧で見れるので便利になりましたね。

受信されたメールにアカウントのアイコンが付くのと、メールを開くとアカウントフォルダに切り替わるので、どのアカウントのメールか迷わないんです。

Android 4.0以上の端末ならAPKファイルをダウンロードしてインストールすれば、5.1にアップデートできます。

Gmail 5.1.89745174 APK Download – APKMirror

早速、Nexus6とXperia Z3にインストールしました。

まだ直ぐに「受信トレイ」をタップしちゃいますが、慣れれば使い良い感じはしますね。

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス MX Master Bluetooth・USB対応 MX2000
Logicool ロジクール ワイヤレスマウス MX Master Bluetooth・USB対応 MX2000
ロジクール 2015-04-02
売り上げランキング : 57

Amazonで詳しく見る by G-Tools

(デバイス)DEVICE Access ショルダーバッグ KH/カーキ(HHS-1206038KH) [Shoes]
(デバイス)DEVICE Access ショルダーバッグ KH/カーキ(HHS-1206038KH) [Shoes]

売り上げランキング : 2964

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Du節電-バッテリー最適化

このアプリ「バッテリーの最適化と消費を抑える効果」があります。
題名のとうりなんですが、具体的には「スリープ時(待機中)」のバッテリー消費を最小限になるような設定を行いバッテリーの使用時間を延ばすことができます。
主には
1.通話
2.画面の明るさ
3.WiFi
4.ネットワーク(データ通信)
5.アプリのOFF
6.充電管理
これら6つを設定して、消費電力を抑える働きをします。
基本設定のモード管理で1・2・3・4の設定をします。
つまり「ネット接続をOFFにして通話とSMS機能のみ使う」とか「通話、SNS、ネットをOFFにしてアラームのみ使う」とかの設定で消費電力を抑えます。
アプリは起動画面の「消費電力プログラム」に現在の電池消費が多いアプリが確認できるので、1クリックで削除(停止)できます。「消費量監視」からもアプリの停止が可能です。
充電管理はバッテリー残量が20%以下で最適な充電方法に充電モードを切り替えて充電します。
それとウィジットが何気に便利で、1クリックで最適化(アプリ停止等)をおこなってくれます。
私的にお勧めのポイントは、「スマート節電」です。
自動的にバッテリーの消費を抑える設定にしてくれる機能で、「スリープ時のクロック最小やアプリ停止」「時間指定の最小消費設定」などを行ってくれます。
私の場合は、就寝時に「アラームモード」になるように設定していますので、23:00-6:00で1%ぐらいしかバッテリー消費はありません。この時間は完全に通信は停止しているのであたり前なんですが・・・
朝起きたら通常のモードになっているのでメールなどは受信されていますので特に不便な事はありません。
通常使用時も「スリープ時のクロック最小」で設定しているのですが、まったくスマホを触らないと数%しかバッテリーは消費されません。
違いは十分に体感できるレベルなので、入れておいて良いアプリだと思います。
効果が実感できたら有料版(283円)を購入された方が、設定範囲が広くなるのでお勧めです。
Du節電-バッテリー最適化+ウィジェット+電池情報+延長寿命
2013-05-25 14.10.16.png

Greenify *ROOT*

root化必須のアプリですが、バックグラウンドでの不要な動作をするアプリを「冬眠(hibernated)」させるので、バッテリー/メモリ消耗が抑えられるんです。
アプリは「冬眠中」はバッテリー消費をしなくなり起動すれば通常どうり動作します。
使い方はいたって簡単!
アプリを起動して右下の「+」をクリックして表示されるアプリを選択するだけです。
選択したアプリは起動画面の「休止」の欄に追加されます。
これでバックグラウンドでの動作はしなくなります。
アプリ自体の消費電力も少なく、手軽に使えるので入れておいても良いアプリだと思います。
Greenify *ROOT*

Quick Boot (Reboot)

要Rootのアプリになりますが「Quick Boot (Reboot)」を使用しています。

・Reboot
・Recovery
・Bootloader
・Power Off

の4つの動作が1クリックでできる大変便利なアプリです。

2012-11-19 12.17.58-thumb-438x700-760.png

Rootを取得したらROM焼きやフォント変更など端末を再起動する機会が増えるので、再起動をするたびに「電源長押し再起動の選択」の繰り返しはなにかと面倒なんです。

それがアプリ起動で1クリックはほんと助かります。
先に紹介している「SwipePad:ハイパースペース・ランチャー」と合わせればさらにスマートに使えます。

要Rootなアプリなので使用できる方は限定されるのが残念ですが、環境が整っている方にはおすすめのアプリです。

SwipePad

Galaxy Nexusで使っていた「SwipePad:ハイパースペース・ランチャー」をNexus7にも入れて使っています。

このアプリは「他のアプリを使用中でも端末の任意の位置をSwipeして設定しているアプリを起動できる」大変便利なアプリです。

使い方ですが、インストールしSwipe起動したいアプリを登録しておきます。(12個登録できます)
あらかじめ設定されたスクリーンの端をタッチし、スクリーンの真ん中へ向かって指を動かすとパッドが表示されます。
アプリの起動は特定のスロット(アプリ)の上で指を離すとそのアプリが起動します。

2012-11-19 12.16.53-thumb-438x700-746.png

端末の端からSwipeしたらこんな感じでアプリが表示されます。(○が指の位置です)
あとは起動したいアプリ上に指(○)を持っていって離すと立ち上がります。

アプリ上で指を静止すると黄色い○で囲われます。
この状態からアプリの入れ替えができます。
(初期設定時は○だけあってアプリは表示されてません)

2012-11-19 12.17.05-thumb-438x700-748.png

次に登録するアプリや動作の選択画面が開きますので登録したいものを選択します。

2012-11-19 12.17.13-thumb-438x700-750.png

アプリを選択した画面です。
一覧から選択しクリックすると先程の黄色○の箇所にアプリが追加されます。

2012-11-19 12.17.18-thumb-438x700-752.png

よく使うアプリは切替が1タッチなのですごく便利になります。
おすすめアプリですのでよかったら使用してみてください。

Older posts