Gadget Note - ガジェットノート

ネットで起きた出来事や最新ガジェット情報を伝えるニュースサイト。

Category: ONEPLUS one (page 1 of 4)

ONEPLUS one – レビュー12

Cyanogen OS「YNG1TAS17L」のアップデートが配信されたようです。僕の「OnePlus One」にもアップデートが来ました。

今回はOTAでアップデートしました。

「YNG1TAS17L」になりました。

新たに「Voice Wakeup」が追加されているそうです。

「音声での端末操作」の登録が出来る機能のようですね。「OK google」とは違い「音声起動」をONにして動作を登録した内容で「OK, OnePlus」が利用できるみたいですね。

3つまで動作の登録ができるみたいです。

【日本正規品】 ASUS ノートブック Chromebook ブラック ( Chrome OS / 13.3inch / Celeron N2830 / 4G / 16G EMMC / 日本語キーボード ) C300MA-BLACK
【日本正規品】 ASUS ノートブック Chromebook ブラック ( Chrome OS / 13.3inch / Celeron N2830 / 4G / 16G EMMC / 日本語キーボード ) C300MA-BLACK
Asustek 2014-12-13
売り上げランキング : 1165

Amazonで詳しく見る by G-Tools

東芝 Toshiba Chromebook 2 クロームブック (Intel Celeron 2.16GHz/4GB/SSD16GB/13.3inch/Chrome OS/Silver) CB35-B3340 並行輸入品
東芝 Toshiba Chromebook 2 クロームブック (Intel Celeron 2.16GHz/4GB/SSD16GB/13.3inch/Chrome OS/Silver) CB35-B3340 並行輸入品
東芝(TOSHIBA)
売り上げランキング : 7340

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ONEPLUS one – バックカバー購入

「ONEPLUS one」はブラックとホワイトのカラーバリエーションがありますが、バックカバーの入れ替えが出来るようになっています。

当初は数種類のバックカバーが用意されるとなっていましたが、途中で中止になり現在はブラック、ホワイト、バンブー(竹)の3種類が入手が可能になっています。

ただバックカバーはNFC付きとそうでないも物の2種類があり、価格が違うので間違うことは無いとは思いますが注意しないといけません。それと「CYANOGEN」のロゴ有りと無しもあるのでこちらもチェックですね。

僕はブラックを購入していたのでebayでホワイトのバックカバーを購入しました。

しかし、ONEPLUSの商品は本体もそうですが、充電器もこのバックカバーも包装が統一されたデザインでしっかりと作られていますよね。

バックカバーの中身ですが、カバーを開けるオープナーとsimスロットが2種類(nano SIM用とmicro SIM用)が同包されています。材質はサラっとした手触りでブラックよりも表面が硬めで耐久性はありそうです。

IVSO オリジナル Oneplus one 専用 強化ガラス・耐指紋、撥油性 高透過率液晶保護フィルム 反射低減タイプ 光沢表面仕様 画面保護&指紋防止シート (1枚)
IVSO オリジナル Oneplus one 専用 強化ガラス・耐指紋、撥油性 高透過率液晶保護フィルム 反射低減タイプ 光沢表面仕様 画面保護&指紋防止シート (1枚)
Gambolex
売り上げランキング : 139627

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ライノシールド スクリーンプロテクター 衝撃吸収 液晶保護フィルム OnePlus One用 液晶面のみ
ライノシールド スクリーンプロテクター 衝撃吸収 液晶保護フィルム OnePlus One用 液晶面のみ
Evolutive Labs
売り上げランキング : 346815

Amazonで詳しく見る by G-Tools

OnePlus ONE / ワンプラス ワン スマートフォン 5.5″ FHD 1920×1080 Snapdragon 801 2.5GHz 3G RAM 64G Android 4.4 NFC [並行輸入品] (64GB ホワイト)
OnePlus ONE / ワンプラス ワン スマートフォン 5.5
OnePlus
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ONEPLUS one – レビュー11

「Cyanogen OS 12」を「ファクトリーイメージ」で焼きました。

前回は差分ファイルを「TWRP」で焼いたのですが、この方法だと「XNPH05Q」からしかアップデートできません。

なので「ファクトリーイメージ」からならどのバージョンからでも適用が可能です。

今回は「XNPH44S」からアップデートしています。

実は一旦「XNPH05Q」へ戻そうとしたのですが、以前に文鎮化した症状が発生して「XNPH05Q」に戻すことが出来なかったんです。なので「XNPH44S」まで戻りました。(もう一つ前の「XNPH38R」へは問題なくもどれましたが「XNPH05Q」にだけは戻れませんでした。)

現在「Cyanogen OS 12」のファクトリーイメージは下記からダウンロードが可能です。「userdata_64G.img」も含まれているので64GB版もアップデートができます。

ただし「flash-all.bat」は含まれてませんので、手動にてアップデートさせる必要があります。

■ファクトリーイメージの焼き方

参考サイト:OnePlus One gets Android 5.0.2 OTA update via Cyanogen OS 12S: How to install

【Cyanogen OS 12アップデートファイル】
Cyanogen OS 12:Android 5.0.2 Cyanogen OS 12S for OnePlus One (Alternate Link)

OnePlus One | XDA Forum:http://forum.xda-developers.com/oneplus-one/general/guide-return-opo-to-100-stock-t2826541

手順としては

1.「Cyanogen OS 12」の「ファクトリーイメージ」をダウンロードして解凍。
2.端末を「fastbootモード」にしてPCと接続させる。
3.解凍したフォルダ内でプロントコマンドを起動。
4.「fastboot flash」をする。
5.完了

となります。

「fastboot flash」の手順は「XDA Forum」の内容で行います。本来ならフォーラム内のコマンドで問題ないのですが、僕の環境では「fastboot reboot-bootloader」の途中で「fastboot」に戻らない事があったので最終のみ「fastboot reboot-bootloader」させました。

実行したコマンドは以下になります。

fastboot flash modem NON-HLOS.bin
fastboot flash sbl1 sbl1.mbn
fastboot flash dbi sdi.mbn
fastboot flash aboot emmc_appsboot.mbn
fastboot flash rpm rpm.mbn
fastboot flash tz tz.mbn
fastboot flash LOGO logo.bin
fastboot flash oppostanvbk static_nvbk.bin
fastboot flash system system.img
fastboot flash userdata userdata_64G.img (or userdata.img if you have the 16GB version)
fastboot flash boot boot.img
fastboot flash recovery recovery.img
fastboot flash cache cache.img
fastboot reboot-bootloader
fastboot reboot

これで端末の再起動後に初回アプリのアップデートがあり初期設定画面になります。

起動後の初期画面です。(少しアプリ変えています)

「Android 5.0」系のROMなのでデザインはかなり変更されています。
「App Themer」と「Boxer」などが追加されてOSだけでなく新規機能も多く追加されているそうです。

またしばらく触って気づいた点がありましたら報告したいと思います。

ライノシールド スクリーンプロテクター 衝撃吸収 液晶保護フィルム OnePlus One用 液晶面のみ
ライノシールド スクリーンプロテクター 衝撃吸収 液晶保護フィルム OnePlus One用 液晶面のみ
Evolutive Labs
売り上げランキング : 339481

Amazonで詳しく見る by G-Tools

OnePlus ONE / ワンプラス ワン スマートフォン 5.5″ FHD 1920×1080 Snapdragon 801 2.5GHz 3G RAM 64G Android 4.4 NFC [並行輸入品] (16GB ホワイト)
OnePlus ONE / ワンプラス ワン スマートフォン 5.5
OnePlus
売り上げランキング : 515773

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ONEPLUS one – レビュー10

「Cyanogen OS 12.0-YNG1TAS0YL」が配信開始されました。

今回は、バグ修正とAndroid 5.0 Lollipopの「Cyanogen OS 12」へのバージョンアップや「Boxer」追加などが含まれます。

【差分ファイルでのアップデート】

■差分ファイル
「XNPH05Q」からの差分のみなので、「XNPH05Q」以外のバージョンからではアップデート出来ません。 ここからダウンロード→ cm-12.0-YNG1TAS0YL-bacon-signed.zip

今回はカスタムリカバリTWRPでアップデートしました。
カスタムリカバリTWRPをPCから起動すれば、端末のリカバリを上書きせずにTWRPが使えます。
起動用のバッチファイルを作成しておけば、さらに使い易くなるのでおすすめです。 

1.更新ファイルのダウンロード
2.Bootloaderの起動
3.カスタムリカバリ(TWRP)でアップデート

※注意点としては、差分ファイルには「直前バージョンとの差分のみ」が含まれるので、今回の場合は「XNPH05Q」以外からではアップデートできません。なのでroot化やシステム領域を触っていたらアップデート出来ない可能性があります。

【更新手順】
1.端末のBootloader(ブートローダー)を起動する。
2.カスタムリカバリTWRPを起動(バッチファイルで1クリック起動)。
3.左下の「Advanced」をタップ。
4.左下の「ADB Sideload」をタップ。
5.wipeの2箇所にチェックし「Swipe to Start Sideload」を右にスワイプ。
6.「Starting ADB sideload feature…」の表示を確認(Sideload待機状態になる)。
7.PC上の更新ファイル(今回はcm-12.0-YNG1TAS0YL-bacon-signed.zip)の場所でコマンドプロンプトを起動。
8.コマンドプロンプトに「adb sideload cm-12.0-YNG1TAS0YL-bacon-signed.zip」と入力して「Enter」キーを押す。
9.ファイルが転送され更新が始まります。
10.しばらく待つと、端末の画面上に「Installing ‘/sideload/package.zip’…」と表示されているのを確認。
11.コマンドプロンプト画面に「Total xfer: ・・・・x」と表示されていることを確認(・・・・は文字列が表示されます)
12.端末に「ADB Sideload Complete Sccessful」と表示されていることを確認して「Reboot System」をタップ。
13.SuperSUをインストールするか聞いてくるので「Do Not Install」をタップ。
14.端末が自動的に再起動して更新完了。


「Cyanogen OS 12」の動作ですが「OxygenOS」が「サック!サク!」なのと比べると「ヌル!サク!」って感じかな。

「OxygenOS」は動作がキレキレなので「カクカクする」って感じる方もいるんじゃないかと思いますが、「Cyanogen OS 12」は上手く動作のチューニングされているのでAndroid特有の「カクカク」した感じがかなり抑えられていますね。

僕の好みは「OxygenOS」ですが「Cyanogen OS 12」の方が好まれると思います。

細かい点はまだ確認出来ていませんが「Cyanogen OS 12」非常に良いROMに仕上がっている感じはしました。

OnePlus ONE / ワンプラス ワン スマートフォン 5.5″ FHD 1920×1080 Snapdragon 801 2.5GHz 3G RAM 64G Android 4.4 NFC [並行輸入品] (16GB ホワイト)
OnePlus ONE / ワンプラス ワン スマートフォン 5.5
OnePlus
売り上げランキング : 515773

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Oneplus One用 液晶保護ガラスフィルム 9H 0.3mm
Oneplus One用 液晶保護ガラスフィルム 9H 0.3mm
MobileTakasaki
売り上げランキング : 159234

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ONEPLUS one – レビュー9

「OxygenOS」のバッテリー使用状況です。
左が8日で右が9日の残量になります。

使用状況は1日あたり「2時間のブラウジング(ニュースサイトのチェック)」と「30通ほどのメールチェック」で後は待ち受けで通話は有りません。

端末に入れているアプリも関係しているかと思います。
バックグラウンドで通信させているアプリがほぼ無いので、スリープ時にバッテリー消費がかなり少ないですね。

ほぼ待ち受けなら、このままのペースで7日は無理としても5日ぐらいは行けるかも知れません。

Nexus6 ケース Spigen [パーフェクト-フィット] シン ・フィット マット仕上げ加工 Google (国内正規品) (クリスタル・クリア 【SGP11235】)
Nexus6 ケース Spigen [パーフェクト-フィット] シン ・フィット マット仕上げ加工 Google (国内正規品) (クリスタル・クリア 【SGP11235】)
Spigen
売り上げランキング : 13402

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Nexus6 保護フィルム, Spigen® 【 高い 透明度 】 液晶保護フィルム 3枚入 クリスタル クリア (国内正規品) (クリスタル クリア 【SGP11276】)
Nexus6 保護フィルム, Spigen® 【 高い 透明度 】 液晶保護フィルム 3枚入 クリスタル クリア (国内正規品) (クリスタル クリア 【SGP11276】)
Spigen
売り上げランキング : 1317

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Older posts